ホーム > ピックアップ > 外国為替相場

外国為替相場

やっとエントリーする時という場合では、何をおいても事前調査をおろそかにしてはいけません。

 

トレードを始める前場面を客観的に調べる事のできる余裕がある。

 

しかし、一度マーケットの内側に立ち入ってしまうとどうやっても見え方が自己中心的になってしまい往々にして冷静な判断が出来なくなるリスクがあります。

 

だから頭の中が冷静な間に正しく準備する事が大事です。

 

その"準備"のためにははじめは脚本を作成する事から行います。

 

明日からの市場はこうだから円を売買するみたいに、自分なりの脚本を書いていきます。

 

次にチャートをチェックする事です。

 

以前のレートの上がり下がり見て今現在の値動きを確かめます。

 

そうしたら、「現在はひどく安すぎる水準にある」それとも「大方の投資家の方々が売買しているからこの先自分が売り(または買い)しても今となってはやりようがない」ということが理解できます。

 

すでに売り(または買い)するが手遅れだなと考えたならば、何もせず、ここは吹っ切ることが大切です。

 

どうしても筋書きを譲らずに無理に取引すると、相場に押し返されて、そればかりか為替差損を受けることになりかねない。

 

とは言うものの多くの状況で、準備が整ったあなたなりのシナリオを作り上げておくと、買い(または売り)が遅いなという状況にはならないと考えます。

 

おそらく、リアルに外国為替相場が変動する前のはずだからです。

 

次は、取引しようと思っている通貨ペアの変動を、ちゃんとチェックすることが不可欠です。

 

ドル高に向うであろうという脚本を作ったのであればその通貨の変化に気をつけておきます。

 

相場の推移を注目し始めたばかりでは、まだまだドル円は目立って変動する素振りを見せることなく上や下にちょっとした上げ下げをしているだけでしょう。

 

だが、その上下動を確認しているとある場面で確実に、ドル高へとマーケットが向い始めます。

 

このチャンスで初めてドル円のエントリーします。

 

おおむね、ここまで緻密に計画をすればその売買で利益を上げる可能性は比較的高くなるはずです。

 


関連記事

  1. リフォームではどんな業者が良いの?

    リフォームを行う時に迷うのが業者選び。 大きな費用をかけて行うという事もあって...

  2. 外国為替相場

    やっとエントリーする時という場合では、何をおいても事前調査をおろそかにしてはいけ...

  3. テスト

    テスト記事です。...